QRコード
QRCODE

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
プロフィール
オーナーへメッセージ

2020年02月01日

ブログ再開に思うこと  日本の種について

大変久しぶりにブログを復活させていただきます。
近年の異常気象、野菜価格の低迷、資材価格の高騰などで農場には受難の時でした。
いまだこれらの状況は改善が困難だと思われます。
以下に衰退したところで農場は国支える重要な基盤です。
経済的な意味だけではありません。
日本国土の環境、豊かな食生活、文化、地域に根ざしたライフスタイルなど様々なものを支えています。
食糧問題も今後は深刻化する恐れもあります。
世界的な食糧生産拠点であるオーストラリアは人類史上最悪と言っても良いぐらい規模の大火災です。
水も食料も安全神話を信じ切っているわけにはいきません。

幸いこの日本には世界で類を見ないほど沢山の優良品種が存在しています。
野菜だけではなく、花も果樹も穀物も非常に素晴らしいものをもっているのです。
種苗会社だけでできることではありません。
各地域で頑張りつづけた農家、JA職員、農業組合の農家、農業法人、農林水産省、農業振興課、野菜研究室、種苗業界などまさに官民が一体となり世界に誇るべき食文化を想像してきました。
歴史的にも災害の多い日本において長い年月をかけて育て上げてきたものばかりです。
世界中に誇っても良い宝だ思います。

できることでしたらより多くの人に少しでも種をまいてもらうことで、野菜作りや花づくりを困難さと楽しさを体感していただきたいと思います。
微力ですが、優れていると思える品種、あたしさを感じる品種、価値を感じる品種などできる限り紹介していきます。

http://www.green-depo.co.jp/


  


Posted by 信 at 21:25Comments(0)

2016年11月17日

タキイ茨城農場農場2016年秋

15日にタキイ種苗の茨城農場へ行って勉強をしてきました。
天候に恵まれなかった今年はどんな感じかなと思ってましたが良くできています。
展示用のため、結構農薬を多めに使用したようです。 食べないようにと言われました。(笑い)

個人的にはトマトを重点的に視察をしました。
まだ番号なのですが、TTM-120は良いトマト品種になりそうです。
長期栽培で多収を狙うトマト農家におすすめできそうです。
品質が良く、硬玉で、食味もよいです。
まだはっきりとはわかりませんが、早ければ来年中に販売できるかもしれません。

黄化葉巻病に強いトマトやミニトマトも改良が進められておりました。
千果99などは良い品種だと思います。
http://www.green-depo.co.jp/shopdetail/000000001036/ct122/page1/order/

とげなしナスなどの品種改良も進んでますので期待ができます。

なるべく新品種はどんどんと登録していくつもりです。

鈴木より





  


Posted by 信 at 19:21Comments(0)

2015年11月24日

タキイ種苗農場見学2015年秋①

11月17日にタキイ種苗の茨城研究農場へ行ってきました。
栄養価を効率的にとれる野菜の品種シリーズ「ファイトリッチ」や病気に強い野菜などが特に充実していました。
京くれないニンジンのジュースなど美味しかったでした。
桃太郎ピースや千果99ミニトマトなど、トマトもどんどんとすぐれた品種が開発されてきています。



新品種などのホームページへの登録をどんどん進めてより良い買い物環境を提供していきます。
http://www.green-depo.co.jp/

  


Posted by 信 at 21:05Comments(0)

2015年09月15日

秋の新商品 個性は品種第一弾

朝晩が多少涼しくなってきました。
この秋には、ホームページに個性的な野菜とどんどんと登録しました。
まずは、紫姫カブです。
見た目も美しく、目立ちます。
カブも葉っぱも美味しく食べられます。
その上病気にも強くて作りやすい非常にすぐれたカブ品種です。
あなたの家庭菜園の項目にぜひ加えてほしい一品です。
http://www.green-depo.co.jp/shopdetail/000000001020/ct47/page1/order/   


Posted by 信 at 22:16Comments(0)

2012年11月14日

みかど協和 農場オープンディにいってきました。

昨日、みかど協和様の農場オープンデーにいってきました。
幸い天気も良く、風も少なく、大勢の人で大変にぎわっていました。
特に興味がわいたのは、トマトやネギ、ズッキーニ、カブの新品種(まだ番号)でした。
病理に非常に力を入れているので、より栽培しやすい品種が生まれてくるでしょう。
種苗メーカーの農場の見学ですが、最近は種屋さん以外か多く参加しています。
女性も多いです。
みかど協和様の社員にも多くいてビックリしました。
時代が変わってきているのを感じた一日でした。

なお、改めて、みかど協和様の開発した品種の力を感じた一日でした。
販売されている現行の品種では、ミニトマトのラブリーさくら、みそら64トマト、ズッキーニのKZ-2、福誉大根、はくれいカブ、夏はくれいカブ、ニムラサラダスナップ、カボチャのくりゆたか、坊ちゃんなどは本当に良い品種だと思います。
生産者様のためになると思いますので、より推進していこうと思ってます。


種のご注文は
http://www.green-depo.co.jp/
へどうぞ。
  


Posted by 信 at 22:09Comments(0)

2012年02月01日

商品の注文ページ不具合のお詫びと新規の登録の2品種のお知らせ


早いものでもう2月です。
今年は房総半島でも春の訪れが遅く、まだ梅の花の蕾も固いままです。

まず最初に、自社サイトが一時的に商品注文ページの一部が表示が行われませんでした。
本日、午前中に復旧をいたしました。
お客様には、ご心配をおかけしてしまい大変申し訳ありませんでした。

次に、超個性的なとうがらしを2品種をホームページに加えました。
個人的はこの2品種は強い個性があると思います。
沖縄島とうがらしと紫とうがらしです。
沖縄とうがらしは激辛とうがらしです。実は小さいです。
紫とうがらしは、あまり辛くはならないとうがらしです。真っ赤にすると甘くなります。
2品種ともグリーンデポの自社サイトで販売を開始いたしました。
非常におもしろく個性的な野菜であると思います。
全く異なる2品種ですが、差別化販売に向いています。
おもしろい野菜を作ってみたい人にはこの春おすすめです。

なお、グリーンデポ(自社サイト)のピーマンのカテゴリの中のトウガラシに登録をしてあります。
商品ページは
http://shop.genesis-ec.com/search/item.asp?shopcd=07078&item=a0570 紫とうがらし
http://shop.genesis-ec.com/search/item.asp?shopcd=07078&item=a0839 沖縄島とうがらし
になります。
よかったら試して見てください。

鈴木より

  


Posted by 信 at 20:26Comments(0)

2012年01月13日

遅くなりましたが明けましておめでとうございます。

遅くなりましたが明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

野菜とくに葉物関係の野菜は高騰してきました。
雨が少ないことと寒波のため露地野菜の生育がよくないため、物量が減ったのです。
物量が少し減るとすぐに値段が上がります。
11月頃は逆に物量が多すぎたようで値段が大幅に安かったでした。

異常気象のため価格が安定しない昨今です。

ところで農業資材や肥料はじわじわ価格が上がってきています。

農家にとっても消費者にとっても大変な時代です。

今年は、農業の安定生産のためにも良い種の安定供給に種苗業界人としてより気合を入れてがんばります。

鈴木

良い種、珍しい品種、名品種、直売店向き差別化野菜の種、家庭菜園向き野菜種はグリーンデポへ
http://www.green-depo.co.jp/  


Posted by 信 at 22:46Comments(0)

2011年11月27日

雑誌「プレジデントファミリー」で紹介されました。

プレジデント社の雑誌11月18日販売の「プレジデントファミリー」で当社が紹介されました。(P9)
ガーデニングに関しての記事で電話取材に応じたものです。
おすすめの品種ついてや家庭菜園に関しての見解、注意点などが記載されております。

おすすめの品種については0月中旬頃に取材をうけたのもで、時期的には若干ずれがあります。
今年は時期的にやや遅いので来年の10月、11月ごろに種まきでおすすめです。
今回おすすめしたのは、そら豆品種の「打越緑」と「初姫」です。
打越緑はしっとりとした食感、初姫はホクホクとした食感が特徴です。

当社で取材した分ではないですが、こどもピーマンなども取り上げられています。
こどもでの食べやすいピーマンなので、来春にはおすすめ品種です。
この品種も、新種の入荷後になりますが、当社のホームページでご購入できます。

野菜づくりが一般の人にも身近になっていただけるとうれしいです。

http://www.green-depo.co.jp/  


Posted by 信 at 14:56Comments(1)

2011年11月24日

「はねるのトびら」で紹介されましたトスカーナバイオレッド

久々のブログです。
昨日、フジテレビの人気バラエティ番組「はねるのトびら」で当社の扱っている種が紹介されました。
100円で買える商品の中に高額商品を混ぜる企画で使っていただきました。
つまり、とても価格が高い種を選んで100円の商品に並べてびっくりさせる企画です。
ちなみに採用をされたのはミニトマト品種トスカーナバイオレットの1000粒入り商品です。
1000粒といっても小さな種なのでパッケージがないむき出しの状態では、ほとんどの人にはそれがトマト種子であるのかどうかもわかりません。

トスカーナバイオレットは、ミニトマトの中でも非常に特殊な品種です。
赤紫色のミニトマトになります。
見た目が葡萄のようです。 
成分としてアントシアニンを含有してます。
ちなみに味も葡萄のような食感です。 
以上においしいミニトマトです。
まさに葡萄トマトといえる一品だと思います。
ちなみにほとんどのスーパーではまだ手に入れるのが難しいです。
東京の一部のデパートで販売されているようです。
高級野菜として人気があるようです。
他の人が作っていない様な個性的な野菜を作りたい人、差別化できる野菜を作りたい人が種を買っています。
家庭菜園でチャレンジしてみるのも楽しいでしょう。
トスカーナバイオレットの種をお求めの場合は、以下の場所で販売をさせていただいております。
http://shop.genesis-ec.com/search/item.asp?shopcd=07078&item=a0735
http://shop.genesis-ec.com/search/item.asp?shopcd=07078&item=a0736  


Posted by 信 at 22:00Comments(0)野菜種 

2010年12月30日

来年に向けての新品種パート2 VR夏すずみキュウリ



今年もいよいよ終りです。
今現在、30日の夜千葉県南部では小雨になりました。
気温も寒くなってきました。
今年最後のブログです。(2日連続ブログは始めてかもしれません。)

昨日、ホームページ上にアップしましたキュウリの品種を紹介いたします。
来シーズン(春)に向けて、ホームページ上に掲載した新品種です。
家庭菜園用のとても作りやすいキュウリです。
一般家庭では「VR夏すずみ」の小袋1袋を栽培すれば、十分すぎるぐらい収穫できると思います。
病気にとても強く作りやすいで来春におすすめキュウリです。

以下は商品ページのコピーになります。

VR夏すずみは、キュウリの名品種である夏すずみの改良版です。
従来のウドンコ病やベト病に対して耐病性に、さらにZYMVウイルス病に中程度の耐病性を付加しました。 
より安全に栽培できるようになりました。   減農薬栽培などにも向いているキュウリ品種だと思います。
キュウリのくず果も少なく、つる持ちも良く、長期間にわたって収穫を楽しめる品種です。
色も濃く、歯切れも良い食味もよいです。  
VR夏すずみは、家庭菜園に最適のキュウリ品種の一つであることは間違えいでしょう。
見た目も良いキュウリなので農産物直売店などでも販売もおすすめです。
種の発芽温度は、25℃から30℃位です。

2011年の春に家庭菜園でキュウリを栽培したい人におすすめです。
今年も一年ありがとうございました。

VR夏すずみキュウリの商品ページは以下になります。
http://shop.genesis-ec.com/search/item.asp?shopcd=07078&item=a0782
  


Posted by 信 at 21:20Comments(0)

2010年12月29日

来年に向けての新品種 黄美香メロン




いよいよ年の瀬です。
今年もばたばたしているうちに終わってしまいそうです。
さて、年末ですが、来春用に向けて新品種を2つアップいたしました。

一つは家庭菜園向きの栽培しやすいキュウリの品種。
もう一つは非常に甘くなるメロンの品種です。

最初にアップした高糖度メロンの品種の黄美香を紹介いたします。
以下は商品ページのコピーです。

黄美香メロンは、高糖度の黄皮緑肉のネットメロン品種です。 
黄美香メロンは、糖度が非常に高くなる特性があります。  16度ぐらいの高糖度になるようです。
甘いだけではなく、爽やかな香りが楽しめるおいしいメロン品種です。
果の皮が明黄色でネットが細かく入るタイプの緑肉ネットメロンです。
黄美香メロンは、農産物直売店などでの差別化商品として向いているおいしいネットメロン品種だと思います。
メロンの味にこだわりたい農家におすすめです。

今までのメロンの甘さを超えたい人に作ってもらいたい品種です。
今後も個性的で実力のある優良品種をドンドン紹介していきます。

商品ページは、
http://shop.genesis-ec.com/search/item.asp?shopcd=07078&item=a0780
になります。  


Posted by 信 at 19:17Comments(0)

2010年12月08日

タキイの農場見学と「こどもピーマン」


11月にタキイ種苗茨城農場の見学会に言ってきました。
その時に特に気になったのが「こどもピーマン ピー太郎」です。
で、早速予約注文をした「こどもピーマン」の種が入荷いたしました。
新食感のピーマンです。  
確かにくさみ、にがみがほとんどなく美味しかったです。 
野菜嫌いのお子様に食べさせてあげてほしいピーマンです。
是非、来春に作って食べてみてほしい野菜です。

以下は商品ページのコピーになります。

こどもピーマンのピー太郎です。  新タイプの野菜です。
にがみがなく、くさみもほとんど無いので食べやすいピーマンです。
タキイ農場で、2010年11月に早速食べました。 
確かに、にがくなく、くさみもなく、肉厚でジューシーでおいしく食べられます。
こどもピーマンと言うだけあって、ピーマン嫌いな子供でも食べられると思います。
ピーマンですが、ハラペーニョのような形です。 40グラム前後になります。
作りやすい品種ですので、家庭菜園におすすめです。 栽培しておくとすぐに利用できるのでとても便利です。
おいしいので、直売店などでの差別化野菜のも最適だと思います。
こどもピーマンは、今までにないタイプの野菜です。 是非、栽培して食べてもらいたい品種です。

種のご購入をご希望の場合は、
http://shop.genesis-ec.com/search/item.asp?shopcd=07078&item=a0778
へお願いいたします。
  


Posted by 信 at 21:34Comments(0)野菜種 

2010年11月05日

超お手軽、室内菜園

家庭菜園よりもベランダ菜園よりも簡単に栽培できるスプラウトがいま人気です。
室内で手軽に栽培できます。
しかも栄養価が豊富で健康管理にも役立てるものだと思います。
最近は白ゴマ(セサミ)のスプラウト種子をホームページのアップしました商品情報を載せさせていただきます。


ゴマのスプラウトは抗酸化物質のゴマリグナンなどを多く含んでいると言われています。
ゴマ自体も健康食品のイメージがとても強いですが、スプラウトでより効果的になると思われます。
スプラウト(新芽)には植物のパワーがたくさん含まれているからのようです。
ゴマのままよりもスプラウトの方が栄養分の吸収も良いと思われます。
ゴマのスプラウトの場合は健康に役立ちそうな栄養素が豊富に含まれています。
精進料理にも良く使われるようです。
健康のために家庭でも簡単に栽培できる野菜です。  手軽に室内菜園で栽培できます。

ご注文をご希望の場合は、
http://shop.genesis-ec.com/search/item.asp?shopcd=07078&item=a0774
へどうぞ。

  


Posted by 信 at 15:53Comments(0)野菜種 

2010年08月20日

便利な家庭菜園向きのタキイ種苗の新品種大根です。


連日猛暑がつづいております。
久しぶりに、新商品をホームページにアップしました。
この秋おすすめの家庭菜園向きのおいしいミニ大根です。

タキイ種苗の開発した三太郎大根は、家庭菜園に超おすすめの短形大根品種です。
秋から初夏まで幅広い時期に栽培できる優れた品種特性をもっています。
目安として中間地と暖地では、9月、10月、11月、12月、1月、2月、3月、4月上旬と種まきができます。 
この種まき時期の長さは画期的で、すごく便利です。(寒い時期や3月頃までの春まきにはトンネル栽培になります。)
抽苔とス入りが極めて遅い方なので、比較的安心して栽培できます。
三太郎は、肉質も緻密なため煮大根には、超おすすめの大根です。
さらに三太郎は、大きさも自由自在に収穫できます。
20cmぐらいのミニ大根、28cmぐらいの小型大根、35cmぐらいの普通の大根と色々な大きさが楽しめます。

家庭菜園などで、手軽に美味しい大根が楽しめる品種です。
直売店などの差別化野菜としてもおすすめ出来る大根です。
種のご注文は、
http://shop.genesis-ec.com/search/item.asp?shopcd=07078&item=a0763
へどうぞ。  


Posted by 信 at 22:36Comments(0)

2010年01月09日

明けましておめでとうございます。2010年

新年、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

早いものでネットショップを開催してからもうすぐ5年になろうとしています。
ビックリするスピードです。
5年間をがんばれたのは、ひとえに支持していただいているお客様のおかげに他ありません。感謝感激です。
ネットの世界では、すごく時間がすぎたような感覚もあります。
しかし、振り返ってみるともう五年たったのか。とビックリしてしまいました。
これからも、魅力あるそして価値のある品種をドンドンと紹介し供給していければこれにすぎる喜びはありません。
これからは、間違えなく農業がより一層注目されていくと思います。
そして、おそらくは日本の持っている野菜や花の品種は世界的にもとても素晴らしいものでしょう。
価値のある質の良い種子を供給していくことを通して、少しでも、農業の振興に役立てれば幸いです。
農業生産者様にとって、全てのお客様にとって、より良い一年でありますように祈願して挨拶とさせていただきます。

2010年正月
グリーンデポ 鈴木
野菜の種は、http://www.green-depo.co.jp/へ  


Posted by 信 at 22:15Comments(0)

2009年09月15日

歴史と伝説の野菜。大浦ゴボウの種です。


伝説の大浦ゴボウの種です。 伝統の地域野菜の中でも個性派のゴボウ品種です。
平安時代に平将門の乱の時の戦勝祝いの席に振舞われたという伝承があります。 
成田山新勝時には今も奉納され続けているようです。  縁起も良い伝統野菜です。
柔らかくておいしい伝統野菜として人気があります。  風味が抜群です。 
見た目も目立つので野菜直売店などでの差別化野菜としてもおすすめです。
是非、千葉県ゆかりの地域伝統野菜を作ってみてください。

ちょうど、一般地や暖地では、9月中旬~10月中旬が種まき時期です。

種の購入をお考えの場合は、
http://shop.genesis-ec.com/search/item.asp?shopcd=7078&item=a0721
へどうぞ。  


Posted by 信 at 21:56Comments(0)

2009年01月14日

明けましておめでとうございます。2009年 農業の時代?

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。

めったに書かないとより書きづらくなるのがブログですね。

さて、経済状況が非常に厳しいですが、色々と情報を集めて分析して考えてみると今よりももっと今年は情勢が厳しくなりそうですね。 大変なことになりそうです。
さらに、多分、食糧難もきますね。  自給率は非常に低いので心配です。

農業を全くやったことの無い人は、乗り切るためには、今の内から畑を借りてでも野菜を作っていた方が良いでしょう。  農業は、トライ&エラーだと思います。 
食糧難の時代が来る前に、試行錯誤して経験を多少つんでおいた方が良いでしょう。

農業の時代になるかもしれません。 
今は野菜やお米が安いですが、農家の皆様がんばってましょう。 
農家が日本を支える大活躍の時代になるかも知れません。

田舎と都会がうまく助け合う良い時代になりますように。

  


Posted by 信 at 19:57Comments(0)

2008年11月21日

タキイの農場見学会へ行ってきました。

朝晩寒くなってきました今日この頃です。
一昨日にタキイの茨城農場に見学に行ってまいりました。
病害虫に対しての抵抗性、耐病性を種に付加する研究開発が非常に進んでいます。
大体毎年見学に行っていますが、年々レベルが高くなっている感じがします。
何年か前の時点で病気に強いレベルを、数年で超えてしまっているのも結構あります。(今までは、一品種の育成商品化に10年といわれていました。)
より減農薬で効率的に野菜づくりが可能になっていくでしょう。

さらに、最近タキイ種苗の農場で目立つのは、機能性野菜です。
野菜特有の成分の含有量が多い野菜の品種づくりも重点的になっています。
やっぱりサプリメントなどを食べるよりは、野菜で養分を取るのが自然ですね。

産地作り、農産物直売店での商品の強化、品種選びなどに当社を使っていただければ幸いです。
ご相談はinfo@green-depo.co.jpへどうぞ。

種のご注文はhttp://www.green-depo.co.jp/へどうぞ。
新品種もドンドンと追加しています。
  


Posted by 信 at 15:32Comments(0)

2008年09月21日

ルネッサンストマト トマトトーン不要!!マルハナバチ不要!!


今日紹介するルネッサンストマトは、ホルモン剤や交配用の蜂を必要としないトマトの種です。  
ルネッサンストマトの一番の特徴は、人工的に受粉をしなくても品種の力で受粉ができることです。   農作業の省力型の大玉トマトとして人気があります。
トマトの販売時に、ホルモン処理をしていないのを売りにするのも良いと思います。
もちろん、蜂交配やホルモン処理などできない家庭菜園には特におすすめトマトです。
受粉作業なしで、美味しいトマトを収穫するのが楽しみなトマトです。
食味もやわらかくておいしいトマトです。 
弱点はあまり日持ちがしないことなので、大量に栽培して大量市場出荷する農家や産地にはおすすめはしません。  
味はとても美味しいので、直売店や朝市などで鮮度と味で勝負するにはおすすめできるトマトです。   

   ルネッサンストマトのその他特性
平均重量は150~160グラムとやや小型です。
果実の形は尻がやや尖ります。
促成、半促成栽培に適しています。
果肉が柔らかいので、やや割れやすい性質です。

ルネッサンストマト種のご注文は、
http://shop.genesis-ec.com/search/item.asp?shopcd=07078&item=a0963  


Posted by 信 at 18:59Comments(0)

2008年08月21日

雨の種まき

超久々のブログになってしまいました。
ただ今、大雨です。 
本格的な雨も久々です。

ちなみに明日はきっと超忙しいのでは?
雨の翌日は種まきしたい人が多いので、きっと忙しくなります。
何といってもこの時期は水遣りが大変な作業ですから、天の恵みの雨です。

いよいよ秋播き野菜の種の時期ですね。
ドンドンといろんな品種を紹介しますね。
  


Posted by 信 at 20:53Comments(0)